真性包茎の原因が分かれば治療方法も見えてくる

包皮の口が窄まっているのが真性包茎の主な原因

真性包茎の大きな原因は、亀頭に覆いかぶさっている包皮の口が狭くなっていることです。
本来だと成長に合わせて包皮は自然と伸びていき、亀頭が露わになります。
けれど稀にその自然な流れができない人がいて、真性包茎となってしまいます。
具体的な原因としては、窄まった部分の口が狭すぎたり、成長途中で包皮を伸ばすことを全く意識しなかったりすることが挙げられます。
いずれにしても大人になった段階では、口の組織は十分な柔軟性を持っていないため、勃起をしたとしても亀頭の先が少し見えるだけということが多いです。

つまり口の部分が窄まっていることが直接的な原因なので、そこに柔軟性を持たせるという治療方法もあります。
実際に口の部分を少しずつ開くという器具が市販されていて、それを使用することでセルフでの対策もできます。
しかしそれはあくまでも自己責任の治療方法で、改善できないどころか、様々なリスクを伴うためおすすめできません。

クリニックの治療が確実

原因から考えると、真性包茎は包皮を伸ばせば改善できる可能性があります。
もちろん人によっては、少しずつ包皮に柔軟性を与えて亀頭が出せるようになるかもしれません。
ただ時間がかかる上に、力加減を間違えると組織が裂ける恐れがあります。
そうすると痛みや出血を伴います。
また真性包茎は長い時間をかけて、包皮と亀頭の一部が癒着していることも考えられます。
それを無理に剝がそうとした場合にも、痛みと出血が起こりやすいです。
どちらも敏感な組織なので、痛みが起こるのは嫌でしょう。

そのため無難に真性包茎を改善したいのであれば、クリニックで治療を受けた方が良いです。
クリニックだと専門的な知識を持っている医師による手術を受けられ、当然麻酔をするので痛みもありません。
さらに万が一痛みが発生したとしても、痛み止めを処方してもらえます。
その上手術は当日のみで完了し、数日で真性包茎ではない状態が完成します。

まとめ

真性包茎は性交渉の妨げとなったり、衛生面に問題があったりするなどで、早めに治療をした方が良いです。
ただ真性包茎の性器を医者であっても他人には見せたくないと考える人は珍しくないでしょう。
そんな人は自分で何とかできる治療方法を探すかもしれません。
そしてその治療方法でも、改善できないわけではないでしょう。
けれど素人の方法だと色々なリスクを伴うので、やはり医師に治療をしてもらった方が安全で、なおかつ確実性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。