真性包茎の原因は生まれつき!

生まれつきが原因の真性包茎は手術でなおせる!

だれでも身体や顔に何かしらのコンプレックスを持っていると言われていますし、それが時として単なるコンプレックスでは終われない時も有ります。

病気もそうですが、先天的なうまれつきのもので真性包茎もその一つです。
真性包茎というのは、ペニスの包皮をむくことが出来ない状態を示します。
仮性包茎であれば勃起したときには剥けるので見た目的な問題とニオイの問題がありますが、手術が必要というわけではありません。

原因は生まれつきですが、真性包茎の場合は手術でなおせますし保険適用されますので費用もそこまでかからないというメリットも有ります。
生まれつきが原因での真性包茎の手術は、泌尿器科であれば保険を使えるというのを頭に入れておくと良いでしょう。

仕上がりが綺麗な事を望むのであれば、保険は適用されませんが美容外科で手術をするのもお勧めです。
カウンセリングを受けてみてニーズに合った方を選ぶと良いでしょう。

仮性包茎の場合は生まれつきが原因ではないので保険は適用外

真性包茎の場合は、原因が生まれつきという事になりますし、保険も適用されます。
手術をしないと皮が剥けない状態ですし、痛みが生じたり炎症を起こす可能性もあるからです。
正常に勃起して射精が出来なければ妊娠させることも不可能ですし、生殖という事を考えてもリスクが生じます。

仮性包茎は見た目が良くないという事と、ニオイの問題はありますがそれ以外の所では必ず手術をしなければならないというわけではありませんし、そのままにしておく方も多いでしょう。
保険は適用外になりますので費用もそれなりにかかりますし、選ぶクリニックによってその料金設定もばらつきが生じます。
様々な事を考慮してクリニック選びをしていく必要があります。

真性包茎のように痛みも有りませんが、自分のペニスに自信を持つことが出来るというのは手術をする事で手に入れられるものです。
多くの方は手術を受けて良かったと口コミでも寄せていますし受ける価値はあります。

まとめ

真性包茎やカントン包茎の場合は、生まれつきということが原因ですので保険適用で手術を受けることが出来ます。
しかしその際泌尿器科で受けることになりますが、仕上がりの綺麗さという点では劣ってしまったり満足出来ないことも有るかもしれません。

美容外科であれば、保険は適用されませんがきれいに仕上げてもらうことが出来ますし、満足度も高くなります。
まずはカウンセリング事から始めていくと良いでしょう。
きっと満足出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。